メインコンテンツにスキップ

2カム白黒


このユーザーマニュアルには、Aurora 'classic'とAurora Sportが含まれています。 色や機能は異なります.
マニュアル全体を通して、この画像をクリックしてください 小さなスポーツ Aurora Sportの詳細については。

箱の中は何ですか
バッテリーの充電
モード、ボタン、設定
電子ビューファインダー(EVF)
シーンとフォーカシングリング
MicroSDカード
日付と時刻を設定する
ストラップの取り付け(オリジナルのオーロラのみ)

フォーカス、ズーミング、露出補正
シーンリング
写真やビデオの再生、削除、ズームイン
写真の設定: シャッター バースト HDR | セルフタイマー パノラマ タイムラプス

明るさ(EVF) オーバーレイ| EVFタイムアウト 夜の輝き クイックレビュー(写真)| 画像を反転
ビデオ設定:EIS | フレームレート 解決

∴ 無線LAN /設定モード
About:FWバージョン| シリアル番号 MACアドレス 工場リセット
オートパワーオフ
コンパスの調整(オリジナルのオーロラのみ)
日付と時刻
Language
∴ 参考情報
バッテリー - 使用上のヒント、保管、取り扱い、および廃棄
カメラの仕様
SiOnyxカスタマーケア


∴ 入門

新しいSiOnyx Auroraナイトビジョンカメラをお買い上げいただき、ありがとうございます。 始めましょう!

箱の中は何ですか? 小さなスポーツ

カメラアイテム

  1. オーロラカメラ
  2. SX-50リチウムイオン電池
  3. USBケーブル
  4. クイックスタートガイド
  5. ネックストラップ
  6. マイクロファイバーバッグ

バッテリー(クリック 詳細はこちら 関連動画を見る)
初めてカメラを使用する前に、ラバーフラップの下のUSBポートを介してバッテリーを充電してください。
  • カメラがオフモードになっていることを確認してください。
  • Viewfinder Releaseボタンを引き下げて、ビューファインダーを取り外します。
  • ファインダーをまっすぐ引き出す。

丸で囲まれたスポーツ2 Image_035 Image_015

  • バッテリーをバッテリースロットに差し込みます。
  • Micro USBケーブルをカメラに差し込みます。
  • カメラを電源の入ったコンピューターに接続するか、付属のケーブルを使って壁の充電器に接続します。

バッテリーインサート USB Image_042

充電中は、カメラの側面にある緑色のLEDがゆっくり点滅します。 バッテリーが完全に充電されると、ライトは消えます。 電池を取り出すには、pバッテリーの左側にあるタブを外して、バッテリーを引き出します。 充電レベルはメニュー画面の右下に表示されます。

注:バッテリーを2%まで充電するには約3〜100時間かかり、ビデオのキャプチャには約2時間かかります。


設定、モード、ボタン(クリック 詳細はこちら 関連動画を見る)
設定

1のボタンと設定

  • シャッターボタン (シングルショット、ビデオスタート/ストップ)
  • [詳細設定] (ズーム、ゲインなど)
  • シーンリング (昼、夕暮れ、夜)
  • フォーカスリング

モード

Image_045
モードダイヤルでカメラの電源をオン/オフしたり、カメラモードを設定します。

  • 電源オフ
  • 写真 Image_046
  • 動画 Image_047
  • ループ Image_048
  • Playback Image_049
  • WiFi /設定 Image_050

電子ビューファインダー(EVF)

EVF(電子ビューファインダー):

  • カメラのメニューと制御システムが含まれています
  • ています 視度ダイヤル 右側には処方箋なしでメニューの焦点を合わせることができます
  • バッテリーとMicroSDカードにアクセスするには、取り外す必要があります。
  • タイムアウトはデフォルトで自動に設定されています
  • カメラがあなたの目から離れると消えます(ポップアップ)

ディオプスサークル


シーンリング

シーンリングを使って、レンズを時刻に合わせます。

  • 夜間(f / 1.4) - フルナイトビジョン
  • トワイライト(f / 2.0) - 日の出の約1時間前と日光の後1時間
  • 日(f / 5.6) - 太陽または雲

1シーンリング


集束リング

フォーカスリングを使用して、視覚的に、またはダイヤルの距離設定によってフォーカスを調整します。

1トップ2


MicroSDカード(含まれていません)
MicroSDカードを挿入するには:
  1. Viewfinder Releaseボタンを引き下げて、ビューファインダーを取り外します。
  2. ファインダーをまっすぐ引き出す。
  3. MicroSDカードをスロットに挿入し、ロックされるまで押します。

Image_067

取り外すには、もう一度押すと外れます。それをまっすぐに言う。

注意: MicroSDカードをスロットに無理に押し込まないでください。データが破損する可能性があります。

日付と時刻を設定する Image_050(クリック 詳細はこちら 関連動画を見る)

日付と時刻を設定するには

  1. 設定ダイヤルを回してWiFi /設定メニューに移動します。
  2. SETを押してWiFi /設定メニューにアクセスします。
  3. 日付と時刻に切り替えて、日付と時刻のオプションに切り替えます。
  4. 日付と時刻を手動で設定するには、手動設定に切り替えます。
  5. 日付を右に切り替えてSETを押します。 メニュー上部の日付が変更モードになりました。
  6. 上下に切り替えて日付を変更し、SETを押します。 時間を設定するためにこれらのステップを繰り返して下さい。
注:日付と時刻が設定されるまで、「時刻の設定」という警告が表示されます。

日付と時刻の形式を設定するには

  1. 設定ダイヤルをWiFi&Settingsの位置に回します。
  2. [日付と時刻]に切り替え、次に[書式設定]に切り替えます。
  3. 日付フォーマットを設定するには、右に切り替えてSETを押します。
  4. 画面上部の日付フォーマットを選択します。 オプションを選択してSETを押す。
  5. Time Formatに切り替えてSETを押します。
  6. 画面上部の希望のオプションを選択して、もう一度SETを押します。
  7. 左に2回切り替えてメインメニューに戻ります。
  8. 左に2回切り替えると、メインのWIFI /設定メニューに戻ります。

Image_080 Image_081 Image_084


ストラップを取り付ける(ネックストラップ) 小さなスポーツ

取り外し可能なネックストラップを使えば、どんな冒険でもカメラにアクセスできるようになります。

  1. ネックストラップを2つの部分に分けます。
  2. ストラップの両端に輪を作ります。
  3. ループをネックストラップホルダーの一方の端に挿入し、引き抜きます。

Image_095 Image_096 Image_097

  • ストラップの端をループに通します。
  • ネックストラップホルダーの反対側でも同じ手順を繰り返します。
  • ストラップの留め金をやり直します。
  • ストラップを引いてループを締めます。

Image_098 Image_099 Image_100


∴ 写真モードとビデオモード

写真を撮る Image_046

  1. 写真を撮るには、設定ダイヤルを写真モードに回します。
  2. シャッターボタンを押して写真を撮ります。

ビデオを撮影する Image_047[注:AURORAは29分のビデオを記録して停止する。]

  1. ビデオを撮影するには、設定ダイヤルをビデオモードに回します。
  2. シャッターボタンを押してビデオを開始および停止します。

Image_114


フォーカスを調整する

画像に焦点を合わせるには、フォーカシングリングを左右に回します。

レンズフォーカシング2

注意:ピント合わせを容易にするために、シーン内の被写体の距離を推定し、その距離をフォーカススケールでメートル単位で設定してください。

ズーム

ズームインおよびズームアウトするには、SETの両側にあるボタンで左右に切り替えます。
右に3回クリックすると、1:1イメージングが得られます。

Image_117


露出値(EV /ゲイン)

露出値は、シーンの明るさと暗さを調整します。
上下に切り替えて増減します。

Image_118

注:EV設定はファインダー画面の左下にあります。

Image_134


再生モード Image_049 (ナビゲーションヘッダーの 詳細はこちら 関連動画を見る)

再生モードでは、写真やビデオを表示、削除、拡大することができます。

  1. 設定ダイヤルを回して再生モードにします。
  2. あなたが撮影した最新の写真やビデオが表示されます。
  3. あなたの写真やビデオを見るために左右に切り替えます。

表示とズームイン

再生モードでは、写真やビデオを表示したりズームインしたりできます。

  1. 設定ダイヤルを回して再生モードにします。
  2. あなたが撮影した最新の写真やビデオが表示されます。
  3. あなたの写真やビデオを見るために左右に切り替えます。
  4. SETを長押しすると一時的にズームインできます。
  5. 永久的なズームを得るためにSETをダブルクリックしてください。
  6. さらに拡大するには右のトグルボタンを、縮小するには左のトグルボタンを長押しします。
  7. さまざまなトグルボタンをすばやく押すと、画像がパンされます。

Image_153

注:通常の表示に戻るには、左のトグルボタンを長押しして[設定]をダブルクリックします。

動画を再生する

再生モードでビデオを見る。

  1. 設定ダイヤルを回して再生モードにします。
  2. 再生したいビデオに切り替えます。
  3. ビデオが再生されるまでSETを長押しします。

写真とビデオの削除

再生モードで写真やビデオを削除します。

  1. 設定ダイヤルを回して再生モードにします。
  2. 削除したい写真またはビデオに切り替えて、SETを押します。
  3. 緑色のチェックマークが右下隅に表示されます。

Image_160 Image_161

  • ゴミ箱の画像が表示されるまでSETを長押しします。
  • 写真やビデオを保存するには、左に切り替えると緑色のチェックマークが表示されます。
  • チェックマークを外すにはSETを押します。
  • 写真やビデオを削除するには、ゴミ箱が点滅し始めるまでSETを長押しします。
  • SETボタンを離します。 画像またはビデオが削除されました。

複数の写真やビデオを削除する

複数の写真やビデオを同時に削除できます。

  1. 設定ダイヤルを回して再生モードにします。
  2. 削除したい写真またはビデオに切り替えます。
  3. 画像を選択してSETを押す。
  4. 右下隅に緑色のチェックマークが表示されます。
  5. 削除したい画像ごとにこれを行います。
  6. ゴミが出るまでSETを長押しします。
  7. 削除を続けるには、ゴミ箱が点滅し始めるまでSETを長く押します。

写真またはビデオが削除されました。

注:写真またはビデオを削除しない場合は、左に切り替えてSETを押してチェックマークを外します。

写真の設定 Image_046
シャッター

シャッタースピードは、写真を撮るときにシャッターが開いている時間の長さです。 シャッタースピードが速いほど、光が少なくなり、被写体の動きが少なくなります。 2つのシャッター設定があります:自動と手動。 カメラはデフォルトで自動に設定されています。 手動設定では、シャッタースピードを1 / 8000″から1.5″まで調整できます。

  1. 設定ダイヤルをフォトモードに回してカメラの電源を入れます。
  2. SETを押してカメラメニューにアクセスします。
  3. シャッターを右または右に切り替えて自動または手動にします。
  4. シャッター設定を手動で設定するには、[手動]に切り替え、シャッター速度の右側に切り替えます。

3 main-menu-2-1024×762 1自動手動1024× 736

  • 上下に切り替えてシャッタースピードの設定をスクロールします。
  • SETを押して、自分のシーンに最も適したシャッタースピードを選択します。
  • 左に切り替えてSETを押すとシャッタースピードメニューを終了します。

1シャッターメニュー-1024× 726 2シャッター速度とシャッター速度 -  300× 221

これでシャッター速度が画面の下部に表示されます。


バースト Image_046

連写モードでは、毎秒10フレーム(fps)、5 fpsまたは2.5 fpsのレートで独自の連続写真を撮ることができます。 行動をとらえるときに役立ちます。

  1. 設定ダイヤルをフォトモードに回してカメラの電源を入れます。
  2. SETを押してメニューにアクセスします。
  3. バーストに切り替えて、次にオプションに切り替えます。
  4. シーンに最も適したオプションを選択して[SET]を押します。
  5. SETを押してメニューを終了すると、バースト設定アイコンが表示されます。
Image_184 Image_185

写真を撮るには、シャッターボタンを クリック音が止まるまでを押し続けます。

注:チャイムをオンにすると(推奨)、撮影した写真ごとにシャッター音がします。


HDR Image_046 Image_047 Image_048

HDR(高ダイナミックレンジ)は、写真を再現するために写真撮影で使用される技術です。 標準的なイメージング技術で可能であるよりも大きい光度の動的。

  1. 設定ダイヤルを写真またはビデオモードに回して、カメラの電源を入れます。
  2. SETを押してメニューにアクセスします。
  3. HDRに切り替え、右にオンまたはオフに切り替えてSETを押します。
  4. SETを押してメニューを終了します。

Image_189

HDRアイコンがビューファインダーに表示されます。


セルフタイマー Image_046

セルフタイマーを使用すると、安定したショットや自分撮りのためにシャッターを切るタイミングを遅らせることができます。 セルフタイマーは、2、5、または12秒に設定できます。

  1. 設定ダイヤルをフォトモードに回してカメラの電源を入れます。
  2. SETを押してメニューにアクセスします。
  3. セルフタイマーに切り替えて、オプションの右側に切り替えます。
  4. 必要な遅延量に切り替えて、SETを押します。
  5. SETを押してメニューを終了します。
Image_192 Image_193

セルフタイマーの設定はファインダーに表示されます。

注:チャイムをオンにすると(推奨)、 カウントダウンとそれに続くシャッターのクリックが聞こえます。

パノラマ Image_046

横向きの写真の場合はカメラを左から右に、縦向きの写真の場合は上下にカメラをパンすることで、パノラマ写真を撮影できます。 カメラは180度の写真を生成します。

  1. 設定ダイヤルをフォトモードに回してカメラの電源を入れます。
  2. SETを押してメニューにアクセスします。
  3. パノラマに切り替えて、ポートレートまたはランドスケープに右に移動します。
  4. SETを押してメニューを終了します。
  5. パノラマ設定がファインダーに表示されます。
  6. パノラマ写真を撮るには、シャッターボタンを押します。

Image_196 Image_197

  • 横の場合は画面の左側に、縦の場合は下部に灰色のバーが表示されます。
  • カメラを上下(縦)または左右(横)に動かします。
  • カメラを動かすと、画面下部に灰色のバーが表示されます。
  • パノラマ画像は90度から180度の間でなければなりません。
注:90度未満または移動が速すぎると、「Swing Range Error」というエラーメッセージが表示されます。
あなたが180度全体を行きたくない場合は、シャッターボタンを押して写真の撮影を中止してください。

タイムラプス Image_046 (クリック 詳細はこちら 関連動画を見る)

タイムラプス機能を使用すると、選択可能な時間数(1、2、4、8、15、30、60、1、2、4、8、24、XNUMX、XNUMX、XNUMX、XNUMX、XNUMX、XNUMX、XNUMX、XNUMX、XNUMX)。または連続)。

  1. 設定ダイヤルをフォトモードに回してカメラの電源を入れます。
  2. SETを押してメニューにアクセスし、Time Lapseに切り替えます。
  3. レートを設定するには、右にオンにしてからもう一度右にトグルします。
  4. SETを押してレートを選択します。
  5. 期間を選択し、右に時間数を選択します。
  6. 左に2回切り替えてSETを押して終了します。

Image_201 Image_201

  • タイムラプス設定は画面上部に表示されます。
  • シーンに最も適した場所にカメラを置き、シャッターボタンを押します。
  • カメラは設定に基づいて写真の撮影を開始します。

Image_202 Image_203

注:時間の経過が完了すると、カメラはタイムラプスビデオを作成します。

[詳細設定] Image_046 Image_047 Image_048

詳細設定は、あなたがベストショットを撮るのに役立つ追加設定です。

Image_240


輝度 (EVF)

明るさ機能を使用して、ファインダーの明るさを調整できます。 デフォルトは自動で、高、中、または低に変更できます。

注:ファインダー内の明るさのレベルは、シーンモードごとに変わります:夜、夕暮れ、または昼。
  1. 設定ダイヤルを写真、ビデオ、またはループモードに回します。
  2. SETボタンを長押ししてメニューにアクセスしてください。
  3. 明るさを右に切り替えて、目や状況に最も適したオプションを選択してSETを押します。
  4. もう一度SETを押すとメニューが終了します。

オーバーレイ

オーバーレイメニューには、より正確で平らな写真やビデオを撮るための特別な機能があります。

フォーカスピーク(クリック 詳細はこちら 関連動画を見る)

フォーカスピークは、焦点が合っている部分に赤いハイライトを配置するフォーカシングエイドです。

  1. 設定ダイヤルを写真、ビデオ、またはループモードに回して、カメラの電源を入れます。
  2. SETボタンを長押ししてメニューにアクセスしてください。
  3. [オーバーレイ]に切り替えてから、[フォーカスピーク]まで左右に切り替えます。
  4. フォーカスピークを右に切り替えます。 オフまたはオンを選択してSETを押します。
  5. 左に切り替えてSETを押すとメニューが終了します。

フォーカスピーク Image_228

注:ファインダーを通して見ると、被写体にピントが合っているところに赤い縁が見えます。
グリッド

グリッド機能は、4線式グリッドを使用してビューファインダーを9つのセクションに分割し、位置合わせを補助します。 写真やビデオの中の被写体。

  1. 設定ダイヤルを写真、ビデオ、またはループモードに回して、カメラの電源を入れます。
  2. SETボタンを長押ししてメニューにアクセスしてください。
  3. [オーバーレイ]に切り替え、次に[グリッド]に切り替えます。
  4. もう一度右に切り替えてオンを選択し、SETを押します。
  5. 左に切り替えてSETを押すと終了します。

グリッド Image_235

注:グリッドがファインダーに表示されます。
ピッチ&ロール(クリック 詳細はこちら 関連動画を見る) 小さなスポーツ

ピッチ&ロール機能は、前後左右にカメラの水平を保つのに役立ちます。

  1. 設定ダイヤルを写真、ビデオ、またはループモードに回して、カメラの電源を入れます。
  2. SETボタンを長押ししてメニューにアクセスしてください。
  3. [オーバーレイ]に切り替えてから、[ピッチとロール]に切り替えます。
  4. 右にオンに切り替えて、SETを押します。
  5. 左に切り替えてSETを押すと終了します。

ピッチアンドロール Image_243 Image_244

ピッチ&ロール機能がファインダーに表示されます。
カメラを水平にするには、垂直バーと水平バーの端にポインタが表示されるまで動かします。

すべて切り替え

Toggle Allオプションは、すべてのオーバーレイ機能のオンとオフを切り替えます。 フォーカスピーク グリッド| ピッチ&ロール

  1. [すべて切り替え]オプションをオンにするには、設定ダイヤルを写真、ビデオ、またはループモードに回します。
  2. SETボタンを長押ししてメニューにアクセスしてください。
  3. [オーバーレイ]に切り替え、次に右に[すべて切り替え]オプションを選択します。
  4. All OffまたはAll Onを選択してSETを押します。
  5. 左に切り替えてSETを押すと終了します。

全部トグル Image_251

注:オーバーレイの種類はすべてファインダーに表示されます。
EVFタイムアウト 小さなスポーツ

電子ビューファインダー(EVF)を一定の時間間隔で消灯するように設定できます。 カメラはオンのままになりますが、設定した時間が経過するとEVFはオフになり、バッテリーの使用量が少なくなります。 EVFには、バッテリ寿命を節約するために自動的にオンまたはオフにする近接センサも含まれています。 近接センサーが(あなたの目などで)ブロックされると、ファインダーがオンになります。

  1. 設定ダイヤルを写真、ビデオ、またはループモードに回して、カメラの電源を入れます。
  2. SETボタンを長押ししてメニューにアクセスしてください。
  3. [EVFタイムアウト]に切り替え、[タイムアウト]オプションに右に切り替えます。
  4. 希望のオプションに切り替え、SETを2回押してタイムアウトを選択してから終了します。

Image_256

注:EVF設定は Studio上ではサポートされていません。 ファインダー内にが表示されます。
夜光(クリックして 詳細はこちら 関連動画を見る)

Night Glowメニューには、Night Sceneで使用できる3つの設定があります。

グレースケール - ファインダーをグレーの濃淡に調整し、人工光がなく自然光が少ないときに写真やビデオを撮ることができます。 これは狩猟のシナリオで役に立ちます。

グリーン - 人間の目は緑色の光に敏感であるため、この設定は色によって生じる可能性のある注意散漫を解消します。

ナイトカラー - 夜のシナリオでは、ファインダーの色を調整します。 この設定は、夜間にボートをドッキングするときに役立ちます。

夜景でこれらの各設定を試してください。 どのシナリオが自分のシナリオに最適かを確認します。

ナイトグロー設定を変更するには:

  1. シーンリングを夜に回します。
  2. 設定ダイヤルを写真、ビデオ、またはループモードに回して、カメラの電源を入れます。
  3. SETボタンを長押ししてメニューにアクセスしてください。
  4. Night Glowを選択してオプションを選択します。
  5. シーンに最も適したオプションを選択し、[SET]を押してもう一度[SET]を押して終了します。

シーンリング Image_271 Image_258

クイック(画像)レビュー Image_046

クイックレビュー機能を使用すると、1、2、または4秒間撮影した直後に写真を確認できます。

  1. 設定ダイヤルをフォトモードに回してカメラの電源を入れます。
  2. SETボタンを長押ししてメニューにアクセスしてください。
  3. クイックレビューに切り替えてオプションを選択します。
  4. 希望するオプションに切り替えて、SETを押し、もう一度SETを押して終了します。

Image_274

注意:この機能はフォトモードでのみ機能します。
画像を反転 Image_046 Image_047 Image_048

画像を反転機能を使用すると、カメラが上下逆さまになっているとき(ヘルメットに取り付けられているときなど)にメニューを読み取ることができます。

  1. 設定ダイヤルを写真、ビデオ、またはループモードに回して、カメラの電源を入れます。
  2. SETボタンを長押ししてメニューにアクセスしてください。
  3. 「画像を反転」に切り替え、右に切り替えてオプションをオンにします。
  4. 終了するにはSETを押してもう一度SETを押します。

反転画像

注:EVFメニューは反転します。

2.5シューティングビデオ:設定 [注:AURORAは29分のビデオを記録して停止する。]
EIS Image_046 Image_047 Image_048

電子画像安定化(EIS)は、ビデオを安定させるために電子処理を使用します。
EISをオンにすると、ブレが最小限に抑えられ、カメラのブレが補正されます。

  1. 設定ダイヤルを回してビデオモードまたはループモードにしてカメラの電源を入れます。SETを押してメニューにアクセスします。
  2. EISを右に切り替えてオプションをオフまたはオンにします。
  3. SETを押して選択し、もう一度SETを押して終了します。

Image_290

注:EIS設定はファインダーに表示されます。
フレームレート Image_047 Image_048

フレームレートは、カメラがビデオを録画する速度です。

  1. 設定ダイヤルをビデオまたはループモードに回して、カメラの電源を入れます。
  2. SETを押してメニューにアクセスします。
  3. フレームレートを選択して、フレームレートオプションを選択します。
  4. あなたのシーンに最も適したフレームレートを選び、SETを押してください。 もう一度SETを押すと終了します。
  5. フレームレートを60 fpsからSlo Moに設定します。

Image_294 Image_295

フレームレートはファインダーの下部に表示されます。

注意:シーンリングで日の設定を使用するときに最良の結果を得るには、60 fpsを選択します。
30 fps以下を選択してください
夕暮れまたは夜の設定.
解像度 Image_047 Image_048

カメラには2つのビデオ解像度があります:720pと360p。

  1. 設定ダイヤルをビデオまたはループモードに回して、カメラの電源を入れます。
  2. SETを押してメニューにアクセスします。
  3. 解像度に切り替えて右に720pまたは360pを選択します。
  4. SETを押して選択し、もう一度SETを押して終了します。

Image_299 Image_295

解像度はファインダーの下部に表示されます。


∴ ループモード Image_048 (クリック 詳細はこちら 関連動画を見る)

ループモードでは、トリガーによってアクティブになったビデオをキャプチャできます。 引き金はシャッターボタンか、銃からの反動のようなカメラへの衝撃のどちらかです。


トリガーの種類 小さなスポーツ

あなたは、シャッターボタンまたはセンサーによって起動されるようにトリガーを設定することができます。

トリガータイプを設定するには:

  1. 設定ダイヤルを回してループモードにします。
  2. SETを押してLoopメニューにアクセスします。
  3. トリガーモードを右に切り替えてシャッターまたは自動を選択します。
  4. SETを押して選択し、もう一度SETを押して終了します。

トリガーモード

Trigger Modeを3つの異なるタイミングオプションに設定できます。

- トリガーの前の30秒を記録
真ん中 - トリガー前の15秒とトリガー後の15秒を記録
後の - トリガー後30秒を記録

トリガモードを設定するには:

  1. 設定ダイヤルを回してループモードにします。
  2. SETを押してメニューにアクセスします。
  3. Trigger Modeを右に切り替えてSETを押してModeを選択し、もう一度SETを押して終了します。

Image_313 Image_314 Image_310

トリガーモードと設定はビューファインダーに表示されます。

注:ループモードにはビデオモードと同じオプションがいくつかあります。 EIS フレームレート; 解決; HDR

∴ 無線LAN /設定モード Image_050
会社概要

バージョン情報オプションは、カメラに関する情報を表示します。

  1. 設定ダイヤルをWiFi /設定モードに回してカメラに電源を入れ、メニューにアクセスします。
  2. WiFi /設定メニューが表示されます。
  3. メニューにアクセスするには、Aboutを右に切り替えます。

各オプションの情報(FWバージョン、シリアル番号、MACアドレス、およびSSID)が画面の右上隅に表示されます。

Image_338 Image_325

注意:WiFi /設定メニューを終了するには、設定ダイヤルを別のモードに回します。

工場リセット

出荷時設定にリセットすると、カメラはデフォルト設定に戻ります。

  1. 設定ダイヤルをWiFi /設定モードに回してカメラに電源を入れ、メニューにアクセスします。
  2. [About]を右に切り替えて[Factory Reset]に切り替えます。
  3. カメラをリセットするには、[はい]を選択します。
  4. 出荷時設定へのリセットが完了すると、前のメニューに戻ります。
  5. SETを押してメニューを終了します。

画面について リセット

注:出荷時設定へのリセットを完了するには、カメラの電源を入れ直してください。

オートパワーオフ

[自動電源オフ]オプションは、[なし]、[5]分、[10]分、または[20]分の時間枠でカメラの電源を自動的にオフにします。 デフォルト設定は[しない]です。

  1. 設定ダイヤルをWiFi /設定モードに回してカメラに電源を入れ、メニューにアクセスします。
  2. 自動電源オフに切り替えて、電源オフオプションの右側に切り替えます。
  3. カメラの用途に最も適したオプションに切り替えて、[SET]を押します。
  4. 設定ダイアルを別のモードに回してメニューを終了します。

Image_332


コンパスの調整(クリック 詳細はこちら 関連動画を見る) 小さなスポーツ

カメラには電子コンパスがあります。 工場で校正されていますが、コンパスの方向がずれていると感じた場合は手動で再調整できます。

  1. 設定ダイヤルをWiFi /設定モードに回してカメラに電源を入れ、メニューにアクセスします。
  2. [Calibrate Compass]に切り替えて、アニメーションの指示にアクセスします。
  3. 正しく校正されている場合は、「Compass Calibration Successful」というメッセージが表示されます。

コンパス校正

注:コンパスの調整に失敗した場合は、「コンパスの調整を再試行してください」というメッセージが表示されます。

日付と時刻

時間は手動またはGPSで設定できます。

GPSセット 小さなスポーツ
  1. 設定ダイヤルをWiFi /設定モードに回してカメラに電源を入れ、メニューにアクセスします。
  2. 日付と時刻に切り替えてGPS Setに右に移動し、オプションにもう一度右に移動します。
  3. タイムゾーンを右に切り替えてSETを押してタイムゾーンを選択します。
  4. メニューを終了するには、左に2回切り替えます。
  5. サマータイムをオンに設定する場合は、DSTに切り替えてからオンに切り替えてSETを押します。
  6. 左に2回切り替えてサブメニューを終了します。

Image_339 Image_340 Image_348

注:アメリカ合衆国東部標準時タイムゾーンはGMT-5です。

フォーマット

日付と時刻の形式は変更できます。

  1. 設定ダイヤルをWiFi /設定モードに回してカメラに電源を入れ、メニューにアクセスします。
  2. 日付と時刻に切り替え、フォーマットに右に切り替えます。
  3. もう一度日付フォーマットに切り替えてSETを押します。

選択可能なオプションは画面上部にあります。 デフォルトのフォーマットはmonth-date-yearです。 変更するには、上下に切り替えるとフォーマットが変わります。

  1. 希望のオプションを選択してSETを押します。
  2. 時間フォーマットに切り替えて右に切り替えます。
  3. メニューを終了するには、左に2回切り替えます。

選択可能なオプションは画面上部にあります。 デフォルトの時間形式は12時間です。 24時間に変更するには、切り替えてSETを押します。


MicroSDカード

MicroSDカードが破損した場合やきれいに拭きたい場合は、カメラでフォーマットできます。

  1. 設定ダイヤルをWiFi /設定モードに回してカメラに電源を入れ、メニューにアクセスします。
  2. SDカードに切り替え、フォーマットを右に2回切り替えます。
  3. はいに切り替えてSETを押します。
  4. SDカードをフォーマットしたくない場合は、いいえを選択してSETを押し、メインメニューに左に切り替えます。

Image_358 Image_359

注意: SDカードをフォーマットすると、カードのデータがすべて消去されます。

チャイム

カメラはさまざまな機能や、カメラの電源を入れたり切ったりしたときにチャイムを鳴らします。

  1. 設定ダイヤルをWiFi /設定モードに回してカメラに電源を入れ、メニューにアクセスします。
  2. Chimesに切り替え、右にChimesをオフまたはオンにします。
  3. オフまたはオンを選択してSETを押します。

オーディオ

オーディオ Playback ビデオの場合は、オフ、高、中、または低に設定できます。

注意: ビデオ録画にオーディオを録音しない方法はありません。!

  1. 設定ダイヤルをWiFi /設定モードに回してカメラに電源を入れ、メニューにアクセスします。
  2. オーディオに切り替え、音量オプションに右に切り替えます。
  3. 好みの音量オプションを選択してSETを押します。

GPS(クリック 詳細はこちら 関連動画を見る 小さなスポーツ

カメラのGPSはあなたの正確な経度と緯度を表示します。
写真、ビデオ、またはループモードでは、GPS座標はビューファインダーに表示されます。

  1. 設定ダイヤルをWiFi /設定モードに回してカメラに電源を入れ、メニューにアクセスします。
  2. GPSに切り替えてGPSメニューを右に移動します。
  3. オンに切り替えてSETを押します。
  4. カメラを写真モード、ビデオモード、またはループモードに切り替えて、外に出て信号を受信します。
注:GPSは屋外でのみ機能し、カメラが初期位置を取得するには1〜2分かかります。

Image_375

GPS座標はEVFメニューの右上隅に表示されます。


GPSフォーマットを変更する

GPSフォーマットを度/分/秒から小数に変更できます。

  1. 設定ダイヤルをWiFi /設定モードに回してカメラに電源を入れ、メニューにアクセスします。
  2. GPSとメニューの右側に切り替えます。
  3. フォーマットを選択し、フォーマットオプションを選択します。
  4. オプションを選択してSETを押す。
  5. GPSメニューを終了するには左に切り替えます。
  6. カメラを写真モード、ビデオモード、またはループモードに切り替えて、外に出て信号を受信します。
  7. GPS座標は、ファインダーの右上に表示されます。

Image_379

注:GPSは電力を消費するため、使用していないときはバッテリの寿命を延ばすためにオフにする必要があります。

ジオタグ画像 小さなスポーツ

GeoTag Imageは、GPSメタデータを写真とビデオの両方に書き込みます。

  1. 設定ダイヤルをWiFi /設定モードに回してカメラに電源を入れ、メニューにアクセスします。
  2. GPSに切り替えてGPSメニューを右に移動します。
  3. GeoTag Imageに切り替えて、OffまたはOnオプションに切り替えます。
  4. SETを押して選択します。
  5. GPSメニューを終了するには左に切り替えます。

Image_378 Image_381

写真のメタデータは、EXIFビューアおよび一部のバージョンのWindows®で表示できます。 動画の場合は、各フレームのカスタムメタデータとして保存されます。


WiFi(およびAndroidとiOS用のモバイルアプリ)
アプリのロゴ
Mobileアプリは、すべてのカメラコントロールを備えたカメラのファインダーとして機能します。
(このアプリはApp StoreとGoogle Playで入手できます.)

スマートデバイスをAuroraに接続するには:
  1. 設定ダイヤルをWiFi /設定モードに回してメニューにアクセスします。
  2. WIFIに切り替え、WIFIオンに右に切り替えてSETを押します。
  3. 画面に「WIFI接続を待っています…」と表示されます。
  4. スマートデバイスのWiFi設定に進み、SiOnyxカメラのWiFi接続を選択します。
注意:iOSデバイスを使用している場合は、Bluetoothをオフにしてください。 設定 Auroraに接続する前に
  1. Wi-Fiパスワード「SiOnyx_cam」を入力します(ビューファインダー内のキー)。
  2. WiFi接続が確立されると、ビューファインダーに「WIFI接続が確立されました」と表示されます。
  3. モバイルアプリを開き、カメラ名をタップします。
  4. これで、Media Centerと呼ばれるアプリのホーム画面に移動しました。
注:をクリックします 詳細はこちら SiOnyx Aurora Mobile Appの使用方法については。

∴ 参考情報
バッテリー

Auroraの動作温度範囲は、14%RHで104°F - 10°F(-40°C - 90°C)です。

節電のヒント
  1. 使用していないときはいつでもカメラの電源を切ってください。
  2. WiFi、GPS、EIS、オーディオ、チャイムをオフにします。
  3. ファインダーの明るさを落としてください。
  4. 自動電源オフ機能を有効にします。


保管と取り扱い
  • カメラを極端に低温または高温の場所にさらさないでください。 電池の寿命が短くなることがあります。
  • バッテリーを熱や火気から遠ざけてください。
  • 電子レンジやヘアドライヤーなどの外部熱源でカメラやバッテリーを乾かさないでください。
  • コイン、キー、ネックレスなどの金属製のものと一緒にバッテリーを保管しないでください。
  • 電池の端子が金属製のものと接触すると、火災の原因となることがあります。
  • カメラを改造しないでください。
  • 無許可の充電器を使用しないでください。 安全性、法規制の順守、パフォーマンスが低下し、保証が無効になることがあります。
  • カメラやバッテリーを落としたり、分解したり、開けたり、つぶしたり、曲げたり、変形させたり、穴をあけたり、電子レンジで焼いたり、焼却したりしないでください。
  • カメラのバッテリー開口部に異物を入れないでください。
  • バッテリーが収まらない場合は、向きを確認し、無理に開口部に入れないでください。
  • カメラやバッテリーが損傷している場合(水にひびが入った、穴が開いている、水に害があるなど)は、使用しないでください。
  • 異臭、熱、変形、変色などの著しい異常がある場合は、使用を中止してください。
  • バッテリーを分解したり穴を開けたりすると、爆発や火災の原因となる可能性があります。

処分

多くの地域では、電池のリサイクルを義務付ける法律が制定されています。 リチウムイオン電池を安全に廃棄するために、端子を他の金属にさらさないように保護してください。 リチウムイオン電池にはリサイクル可能な材料が含まれており、充電式電池リサイクル着色剤(RBRC)のリサイクルプログラムによってリサイクルが認められています。

訪問 Call2Recycle.org または、北米の1-800-BATTERYに電話して、便利なリサイクル場所を見つけてください。

警告:バッテリーは爆発する可能性があるため、絶対に火中に投じないでください。
  • カメラには製造元が推奨する交換用電池のみを使用してください。
  • 5歳未満の幼児や子供からバッテリを遠ざけてください。
  • 子供を監督し、バッテリーの適切な使用方法と手入れについて子供たちに指示するようにしてください。

∴ カメラ仕様
センサー 超低照度CMOS
夜間視力 ムーンレススターライト対応
ディスプレイ カラーまたはモノクロ
レンズ 16mm。 f / 1.4(夜)、f / 2.0(夕暮れ)、f / 5.6(日)を選択可能
動画 360p | 720p•.MOVファイルフォーマット
FPS 7.5fps、15fps、24fps、30fps、60fps
写真 .9 MPイメージ
シャッタースピード 1.5″、1″、1 / 2″、1 / 4″、1 / 7.5″、1 / 15″、1 / 30″、1 / 60″、1 / XNX / X″ / X″ / X″ / X″× 、120 / 1″、240 / 1″、480 / 1″、1000 / 1″
IMU GPS、加速度計、コンパス(注:Aurora Sportでは使用できません)
接続性 WiFi、USB 2.0
ストレージ MicroSD 4-32 GB(含まれていない)
ファインダー マイクロOLEDディスプレイ
耐水性 IP67耐水性
リチウムイオン電池 充電式〜2時間
アプリ iOS版、Androidの

IP67耐水性

ip67

Auroraは防滴、耐水性、および防塵性があり、IEC規格67の下でIP60529の定格で管理された実験室条件下でテストされています。 オーロラは30フィートで3分間耐水性があります。 お使いのAuroraが濡れている、または最近水に浸かった場合は、カメラの本体に水が入らないように、ファインダーを取り外す前に十分に乾かしてください。


∴ SiOnyxカスタマーケア

833-SiOnyx 1 (833-746-6991)
Support@sionyx.com
オンラインチャット


∴ トラブルシューティング

カメラの使用中にエラーが発生した場合は、ファインダー内にメッセージが表示されます。 対応する赤いLEDもカメラの側面に点滅します。

エラー 問題 直し方
カメラの過熱 カメラが104°F(40°C)に達すると、自動的にシャットダウンします。 カメラは温度が動作範囲に達すると動作します。
ローバッテリ バッテリーを充電してもカメラが動作しません。 バッテリーを充電。
SDカードが挿入されていません SDカードが挿入されていません SETボタンを押してメッセージを削除してください。 SDカードを取り付けます。
未フォーマットのSDカード SDカードが未フォーマットです。 SDカードをフォーマットします。
SDカードエラー SDカードが認識されないとき SDカードが32 GBカードを超えていると動作しません。 32 GB SDカードを取り付けます。
SDカードがいっぱいです SDカードの空き容量がなくなったとき 新しいSDカードと交換するか、現在のSDカードから画像を削除してください。
日時を設定してください 出荷時またはファームウェアのアップデート後。 SETボタンを押してメッセージを削除してください。 日付と時刻を設定してください。
WIFI接続が失われました WiFi接続が切断されたとき WiFiが再確立されるか、設定ダイヤルのモードが変更されるまでメッセージを表示します。
WIFI接続が見つかりません WiFi接続が見つからない場合 WiFiが確立されるか設定ダイヤルのモードが変更されるまでメッセージを表示します。
スイング範囲エラー パノラマモードがオンで、振り方向が間違っているか、動きが速すぎる。

メッセージは自動的に消えます。 パノラマプロセスを繰り返します。

衛星はありません Onに設定された後、GPSは5分の衛星信号を見つけることができません。 カメラは、空がはっきり見える屋外にある必要があります。
画像がありません 表示する画像がないときは、再生モードになります。 再生モードでは、SDカードに表示する写真はありません。
設定を回す他のモードにダイヤルします。


∴ 保証
SiOnyx製品の返品/交換限定保証ポリシー(米国のみ)

この限定保証の対象

SiOnyx、LLC( "SiOnyx"または "we")は、原梱包に含まれるSiOnyxブランドの製品および付属品( "SiOnyx製品")を原エンドユーザーの購入者( "あなた")に保証しますエンドユーザーの購入者が最初に小売購入した日から1年間(1)の期間(「保証期間」)について、SiOnyxが公表したガイドラインに従って通常使用される場合。 7月以降に購入した場合のAurora Explorers Editionの保証期間は、8、2019、2(2)YEARSです。

SiOnyxの公開ガイドラインには、技術仕様、ユーザーマニュアル、およびサービス通信に含まれる情報が含まれますが、これらに限定されません。 この限定保証は、当社がAuroraカメラを販売している特定の国のリストに含まれているという条件で、SiOnyx製品が購入された国でのみ有効かつ法的強制力があります。 SiOnyx製品が保証期間内に故障した場合、商業的に妥当な期間内に無料で修理または交換します。

この限定保証の対象外

この限定保証は、SiOnyx以外のハードウェア製品またはソフトウェアに適用されません。たとえSiOnyxハードウェアと共にパッケージ化または販売されている場合でも同様です。 SiOnyx以外の製造業者、供給業者、または出版社は、お客様に独自の保証を提供することがあります。詳細については、それらにお問い合わせください。 SiOnyxブランドの有無にかかわらず、SiOnyxによって頒布されるソフトウェア(システムソフトウェアを含むがこれに限定されない)は、この限定保証の対象外です。 ソフトウェアの使用に関するあなたの権利の詳細については、ソフトウェアに付属の使用許諾契約を参照してください。 SiOnyxは、SiOnyx製品の動作が中断されないこと、またはエラーがないことを保証するものではありません。 SiOnyxは、SiOnyx製品の使用に関する指示に従わなかったために生じた損害について責任を負いません。

この限定保証は適用されません。(a)材料または製造上の欠陥による故障が発生しない限り、時間の経過とともに消えるように設計されている電池または保護コーティングなどの消耗部品。 (b)擦り傷(レンズを含む)、へこみ、およびポートの破損したプラスチックを含むがこれらに限定されない化粧品の損傷。 (c)他の製品との併用によって生じた損害。 (d)事故、虐待、誤用、改ざん、液体(IP67認証を超える)、屑、衝撃、火災、適切な注意またはメンテナンスの欠如、地震、またはその他の外部の原因によって引き起こされる損傷 (e)SiOnyxの公表されているガイドラインの範囲外でSiOnyx製品を操作することによって引き起こされた損害。 (f)許可されていない部品の使用またはSiOnyxまたはSiOnyx正規サービス提供者(以下「SASP」)の代表者ではない者が行ったサービス(アップグレードおよび拡張を含む)によって引き起こされた損害。 (g)SiOnyxの書面による許可なしに機能または機能を変更するように変更されたSiOnyx製品。 (h)SiOnyx製品の通常の磨耗またはその他の通常の経年劣化による欠陥。 または(i)SiOnyx製品からシリアル番号が削除または改ざんされている場合。

この限定保証の下であなたの救済は何ですか?

すべての保証請求はRMA番号を必要とします。 保証請求について話し合い、RMA番号を取得するには、(833)SiOnyx 1(833-746-6991)でSiOnyx Auroraカスタマーケアまでお電話ください。 購入日、支払金額、購入場所を示す領収書/購入証明書を提出する必要があります。 保証期間内に請求が行われ、SiOnyx Auroraカスタマーケアによる電話評価に基づいてSiOnyx製品が失敗したことが判明した場合は、次のいずれかを選択します。

  • カメラまたはアクセサリーを修理する、または
  • カメラまたは付属品を、新しい、または新しいまたは使用可能な使用済み部品から製造され、少なくとも元の製品と機能的に同等な製品と交換する、または
  • カメラまたは付属品を、元の製品と少なくとも同等またはアップグレードされた機能を持つ、新しくアップグレードされたモデルの製品と交換する。

適用法が許す限り、その後のカメラ、付属品の交換、再販、修理、交換によって保証期間が延長または更新されたりその他の影響を受けることはありません。 ただし、保証期間中に修理または交換された部品は、元の保証期間の残りの部分、または修理または交換の日から90日以内のうち長い方の期間保証されます。

消費者法に基づく保証の制限

法律で認められている範囲内で、この限定保証および規定されている救済策は、口頭、書面、法定、明示または黙示を問わず、すべての他の保証、救済、および条件の排他的なものです。この限定保証 この限定保証に規定されている場合を除き、法律で許容される最大限の範囲内で、直接的または間接的を問わず、本製品の使用に起因する、またはその結果生じた間接的または間接的な損害についてこの限定保証の違反

SiOnyxは、法律で許される範囲内で、商品性および特定目的への適合性に対する保証、ならびに隠れたまたは潜在的な欠陥に対する保証を含め、すべての法定および黙示の保証を否認します。 そのような保証を放棄することができない限り、SiOnyxはそのような保証の期間および救済をこの明示的限定保証の期間、およびSiOnyxの選択により上記の修理または交換サービスに限定します。 黙示の保証(または条件)が続く期間の制限、または付随的または必然的な損害の排除または制限を認めていない州(国または地域)もあるため、上記の制限はお客様には適用されない場合があります。

この保証はあなたに特定の法的権利を与えます、そしてあなたは州によって(あるいは国や地域によって)変わる他の権利を持つかもしれません。 法律で許可されている場合を除き、SiOnyxは、販売契約の不適合から生じる可能性があるものも含め、お客様が持つ可能性があるその他の権利を除外、制限、または一時停止することはありません。 あなたの権利を完全に理解するために、あなたはあなたの国、州、または州の法律を調べるべきです。

返品商品

返品が商品の受領から14日以内に行われている場合は、商品価格の返金、または交換のために商品を返品することができます。 払い戻しは、どんな返送費用と15%補充している料金も除外します。 SiOnyx Auroraのカスタマーケアによる故障とみなされる箱から出した故障を除いて、あなたは返送のためのすべての送料に対して責任があります。 すべての収益は、RMA番号を必要とします。 返品について話し合い、RMA番号を取得するには、(833)SiOnyx 1(833-746-6991)でSiOnyx Auroraカスタマーケアにお電話ください。

すべての注文は、購入日から30日以内に顧客が検査する必要があります。 これ以降、SiOnyxは配送中に破損した、紛失した、またはテクニカルサポートに関連しないその他の問題について一切の責任を負いません。 返品または交換された商品は、新品の未使用の状態でなければなりません。 商品は、取扱説明書や梱包用インサートなど、すべての部品と書類を含む、元の破損していない製造元製品梱包に入っている必要があります。 元の製造元の製品パッケージにステッカーや出荷ラベルを貼らないでください。

我々は、RMA番号なしで着払い積荷または製品を受け入れません。 RMA番号なしで施設に出荷された製品は廃棄されます。 このプロセスに関する質問やその他の頼みはありません。 あなたの交換または復帰が処理されるために、(我々が復帰を受ける時から)10(10)営業日までを見込んでください。 あなたがRMA番号を要求するとき、リターンアドレスはSiOnyxカスタマーケアによってあなたに提供されます。

質問は? SiOnyxに連絡してください。

アメリカ合衆国のカスタマーケア:(833)SiOnyx 1(833-746-6991)

日本サポートセンター:0570-0066-12

トップに戻る

このアイコンをクリック オーロラスポーツ本部を知る Aurora Sportのさまざまな機能については、マニュアルに記載されています。

ネックストラップはAurora Classicでのみ利用可能です。

ピッチ&ロール機能は、Aurora Classicでのみ利用可能です。

EVFタイムアウトでの自動オフは、Aurora Classicでのみ利用可能です。

センサーによるトリガーは、Aurora Classicでのみ利用可能です。

コンパスは、Aurora Classicでのみ利用可能です。

GPS機能はAurora Classicでのみ利用可能です。

GeoTag機能はAurora Classicでのみ利用可能です。