メインコンテンツにスキップ

2カム白黒

(英語のみのPDF | オンラインマガジン版)


Aurora用モバイルアプリ(iOSとAndroid)

モバイルアプリはあなたがあなたのスマートデバイスからあなたのカメラのリモートコントロールを取ることを可能にするでしょう。 このガイドでは、Aurora ClassicとAurora Sportについて説明します。 モバイルアプリの画面は異なります。


アプリをダウンロードしてインストールする

スマートデバイスをAuroraに接続する

カメラを制御する

モード

設定

画像や動画をあなたのモバイルデバイス(そしてあなたのPC)に転送する

画像や動画を共有する

アプリをインストールする

検索 Google PlayまたはApple Store for SiOnyxオーロラ. タップ 取得/インストール そして 開いた アプリがインストールされた後。

install


AuroraのWi-Fiをrでオンにするを動かす 設定ダイヤル WiFi /設定 設定メニューを表示する位置。

無線LAN設定ダイヤル(2) ディスプレイWIFI

周囲のトグルボタンを使う セット メニューをナビゲートする 無線LAN そしてそれから On、および セット 選ぶ。

ハイライト表示のトグルボタン(3) 無線LANメニュー

注:WiFi 現在オンになっており、オフにするまでオンのままになります。

無線LANを待っています


iOSデバイスのBluetoothをオフにする
注:iOSデバイスのBluetooth信号がアプリの接続に問題を引き起こす可能性があります。
iOS設定からBluetoothをオフにして Studio上ではサポートされていません。 iOSコマンドセンター

iOSデバイスのメイン画面から選出する 設定/ Bluetooth / Bluetoothをオフにします。

ブルーオフ


SiOnyx Auroraアプリを開きます。あなたの言語を選択してタップ OK.

言語リストとOK2

Wi-Fi接続画面で、リスト内のカメラをタップしてからをタップします。 持続する.

tap2付きのカメラリスト

お使いのカメラのファームウェアが利用可能な場合、アプリはそれをここに表示します。 タップ 更新版, OKカメラを再起動します。

ファームウェアアップデートタップ ファームウェア完了2

アプリがカメラに接続して、 メディアセンター 画面が表示されます。

メディアセンター1

モバイルアプリはカメラを制御する準備が整いました。


アプリからカメラを制御する

をタップ ライブ アイコン。

LV

アプリは今です ライブビュー そして で始まります 写真モード.

ライブビュー開始3

下のアイコンをタップしてモードを切り替えます。

番号付きボタン

写真モード (1) - 静止画をキャプチャします。
ビデオモード (2) - ライブビデオを録画します。
ループモード (3) - トリガーによってアクティブにされたビデオの30秒をキャプチャします。

注:トリガーはシャッターボタンまたはライフルからの反動などのカメラへの衝撃のいずれかです。

写真モード

フォトモードのアイコンには番号が付けられ、下にラベルが付けられています。

写真モードのアイコン番号

(1)バーストレート (2)セルフタイマー (3)コンパス| (4)ズーム| (5)露出補正 (6)HDR | (7)シャッタースピード

スライダーをドラッグして調整します ズーム レベル。

スライダーズーム

赤を押す シャッター 写真を撮影するためのボタン。

シャッターボタン2


設定

をタップ シャッタースピード シャッター速度の設定にアクセスして、シーンに最も適したシャッター速度をタップするには、アイコンをクリックします。

シャッター2

メモ:シャッタースピードは、シャッターの開閉速度を表します。
速いスピードは動きを止めて光を少なくし、遅いスピードは光を多く取り入れます。

+/-をタップ 露出補正 設定にアクセスしてシーンに最適な補正をタップするには、アイコンをクリックします。
[HDRオフ/オンは露出補正の右側にあります。]

経験コンプ

メモ:露出補正を調整すると、シーンを明るくしたり暗くしたりできます。
正の設定は明るさを増し、負の設定はそれを減らします。
バースト率

をタップ バースト率 fps設定にアクセスするためのアイコン 連続して複数の画像をキャプチャします。

バーストモード3

セルフタイマー

セルフタイマー シャッターを押してから画像を取り込むまでの時間を設定します。
押す セルフタイマー アクセスするアイコン
ディレイ設定を選択して、シーンに最も適した設定をタップします。

タイマー12


イメージ設定

カメラの画像設定は Live スクリーン時 カメラモード 選択されています。
夜光 アイコンが表示されます。 シーンリング カメラの .
をタップして、フルカラー、グリーン、モノクロを切り替えます。 夜光 アイコン。

カラー (緑字) モノ


ビデオモード

Tビデオモードのインターフェースアイコンには番号が付けられ、下にラベルが付けられています。

ビデオコントロール

(1)残り時間 (2)EIS | (3)ビデオ解像度| (4)ビデオレート

[コンパス| ズーム 露出補正 HDR(見る 写真モード 上記の)]


赤を押す シャッター ビデオの録画を開始および停止するボタン。

ビデオボタン1

をタップ ビデオレート FPSにアクセスするためのボタン。 あなたのシーンに最も適した秒当たりのフレーム数を選択してください。

FPS

注:ビデオレートは、ビデオの撮影に使用されるFPSまたは1秒あたりのフレーム数を指します。
FPSが高いほど、ビデオは滑らかになります。
FPSが低いと、暗い場所での感度が向上します。

ループモード

ループモードでは、トリガーまたはシャッターに基づいて短いクリップを記録することができます。アイコンには番号が付けられ、下にラベルが付けられています。 を開始する ループモード セッションをタップします トリガーモード そして トリガーの種類 あなたのシーンに最も合うように。 次に、 シャッターボタン または、インシデントがカメラを起動するのを待ちます。

loop1 loop2

⇒前 - 25秒前| 中 - 15秒前、および15秒後 後 - 30秒後


Auroraからモバイルデバイスに画像とビデオを転送する

メディアセンター 画面に画像のサムネイルが表示されます。
Auroraからアプリにインポートしたい写真やビデオをタップします。

メディアセンターの写真を選択しました

選択した項目が全画面表示になります。

フルフレーム

選ぶ 複数 アイテム、長押しでアイテム メディアセンター.
アイテムのサムネイルが暗くなり、1つ(1)が表示されます。
別のサムネイルをタップすると、次の連続番号が表示され、選択した項目の総数が示されます。
もう一度タップすると選択が解除されます。

メディアセンターが複数選択されています

をタップ インポート 画像とビデオを選択した後のボタン。
インポート 単一のアイテムまたは複数のアイテムを選択した場合、ボタンはフルスクリーンプレビューの下に表示されます。

複数選択してインポートボタン

選択したファイルのインポートが始まります。
ファイルがインポートされたら、それらをAuroraから削除できます。
選択する はい 削除する いいえ 保存する.

インポート

読み込んだファイルを見るには、をタップします デバイス内 画面上部に.
スマートデバイスに画像をエクスポートするには、任意のアイテムを長押しします。 (1) 表示されます。
追加の項目をタップして選択し、 輸出 ボタン。

タップしてエクスポート

エクスポートされたファイルは、モバイルデバイスのフォトギャラリーに表示されます。

枠付きのギャラリー画像


AuroraからPCに画像やビデオを転送する

付属のUSBケーブルでAuroraをコンピューターに接続します。

USBケーブル

ファイルマネージャを開いてAuroraをストレージデバイスとして表示し、d写真やビデオをパソコンに直接ぼろぼろに。

PCファイルマネージャ


Auroraアプリから画像や動画を共有する

Video Cloud Studioで モバイル アプリとワイヤレスをタップ (あなたのカメラではありません) 持続する.

カメラとネットワークのリストが選択されています

で写真とビデオをタップします メディアセンター あなたが共有したいのですが シェア アイコン.

選択した共有

デバイスに共有オプションが表示されます。

選択したFacebook 投稿を作成する

トップに戻る