メインコンテンツにスキップ

回答

答えを探すには、上の拡大鏡をクリックしてください。

高度な撮影モード

Advanced Shooting Modesメニューにアクセスするには:

  • 設定ダイヤルをカメラモードに回します
  • 設定ボタンを押す

高度な撮影モードは次のとおりです。 バースト HDR | セルフタイマー パノラマ タイムラプス

メインメニュー-2-1024× 762

詳細については、をクリックしてガイド付きパスをたどってください。 ここ.

視度調整

ファインダーの右側にある視度調整ダイヤルを使うと、EVFメニューの焦点をあなたの視力に合わせることができます。

視度

シーンリング

  • DAYTIME(太陽または雲)
  • トワイライト(日の出前または日没後の1時間)
  • NIGHT(夜間視界; IRフィルターを外した状態)

シーンリング

集束リング

被写体までの距離に応じてフォーカスリングを回して、シーン内の動作が起こる距離を推定して、手動でフォーカスを設定します。

レンズフォーカシング2

画像を明るくまたは暗くするにはどうすればよいですか。

シャッタースピードや露出値を調整して、画像を明るくしたり暗くしたりできます。

シャッター速度

シャッタースピードを調整するには:

  • 設定ダイヤルでカメラモードを選択し、セットボタンを押します
  • 右に手動に切り替え、もう一度シャッタースピードに切り替えます。
  • 希望のシャッタースピードを選択して[設定]を押します。
  • 左に切り替えてSetを押すとメニューが終了します。

露出値はSETの両側の南北ボタンで調整され、画面の左下に表示されます。

露出ボタン Image_134

日付と時刻を設定する

日付と時刻を設定するには:

  • 設定ダイヤルをWiFi&Settingsメニューに回します。
  • 設定ボタンを押して、日付と時刻に切り替えます。
  • メニューを切り替える
  • 終了するには、別のモードを選択するかカメラをオフにします

Image_082 Image_084

Image_081 Image_083

クリックしてください ここ 関連するビデオを見る

ナイトカラーを使用する

夜間色覚設定:

  • 設定ダイヤルをカメラ、ビデオ、またはループモードに回します。
  • 「SCENE」ダイヤルを「NIGHT」に回します
  • 設定ボタンを長押し
  • Night Glowに切り替えてから、Night Colorに切り替えてSetを押す
  • もう一度[設定]を押してメニューを終了します

evfナイトカラー

SETの上下のボタンを使用して、ゲインの増減を実験します。

カメラモードでは、1 / 15秒または1 / 30秒を使用してみてください。

ビデオモードで、7.5fps、15fps、および24fpsを試してみてください。

コンパスキャリブレーション

カメラには工場で校正された電子コンパスがあります。 あなたのコンパスが一方向にオフになっていることがわかった場合は、手動で再調整することができます。 (注:この機能はAurora Sportでは使用できません.)

compass-calibrate-e1556200825868

クリックしてください ここ 関連するビデオを見る

GPS

カメラのGPSはあなたの正確な経度と緯度を表示します。 写真、ビデオ、またはループモードでは、座標はファインダーに表示されます。 (注:この機能はAurora Sportでは使用できません。)

  1. 設定ダイヤルをWiFi /設定モードに回してカメラに電源を入れ、メニューにアクセスします。
  2. GPSに切り替えてGPSメニューを右に移動します。
  3. オンに切り替えてSETを押します。
  4. カメラを写真モード、ビデオモード、またはループモードに切り替えて、外に出て信号を受信します。

Image_380

NOTE:GPSは外部でのみ機能し、初期位置を受信するためにカメラに1-2分を必要とします。
(クリック ここ 関連するビデオを見るには)

オーバーレイオプションをオンにする

オーバーレイ

オーバーレイメニューには、より正確で平らな写真やビデオを撮るための特別な機能があります。

焦点のピーク(クリック ここ 関連するビデオを見るには)

フォーカスピークは、焦点が合っている部分に赤いハイライトを配置するフォーカシングエイドです。

  1. 設定ダイヤルを写真、ビデオ、またはループモードに回して、カメラの電源を入れます。
  2. SETボタンを長押ししてメニューにアクセスしてください。
  3. [オーバーレイ]に切り替えてから、[フォーカスピーク]まで左右に切り替えます。
  4. フォーカスピークを右に切り替えます。 オフまたはオンを選択してSETを押します。
  5. 左に切り替えてSETを押すとメニューが終了します。

フォーカスピーク Image_228

注:ビューファインダーから見ると、今度はあなたの主題が焦点を当てているところに赤い縁が見えます。

GRID

グリッド機能は、写真やビデオの被写体を揃えるのに役立つ4本の線のグリッドを使用して、ファインダーを9つのセクションに分割します。

  1. 設定ダイヤルを写真、ビデオ、またはループモードに回して、カメラの電源を入れます。
  2. SETボタンを長押ししてメニューにアクセスしてください。
  3. [オーバーレイ]に切り替え、次に[グリッド]に切り替えます。
  4. もう一度右に切り替えてオンを選択し、SETを押します。
  5. 左に切り替えてSETを押すと終了します。

グリッド Image_235

注:グリッドはビューファインダに表示されます。

ピッチ&ロール(クリック ここ 関連するビデオを見るには) (注:この機能はAurora Sportでは使用できません。)

ピッチ&ロール機能は、前後左右にカメラの水平を保つのに役立ちます。

  1. 設定ダイヤルを写真、ビデオ、またはループモードに回して、カメラの電源を入れます。
  2. SETボタンを長押ししてメニューにアクセスしてください。
  3. [オーバーレイ]に切り替えてから、[ピッチとロール]に切り替えます。
  4. 右にオンに切り替えて、SETを押します。
  5. 左に切り替えてSETを押すと終了します。

ピッチアンドロール Image_243 Image_244

ピッチ&ロール機能がファインダーに表示されます。
カメラを水平にするには、垂直バーと水平バーの端にポインタが表示されるまで動かします。

TOGGLE ALL

[すべて切り替え]オプションを選択すると、3つのオーバーレイ機能すべてのオンとオフが切り替わります。 グリッド| ピッチ&ロール

  1. [すべて切り替え]オプションをオンにするには、設定ダイヤルを写真、ビデオ、またはループモードに回します。
  2. SETボタンを長押ししてメニューにアクセスしてください。
  3. [オーバーレイ]に切り替え、次に右に[すべて切り替え]オプションを選択します。
  4. All OffまたはAll Onを選択してSETを押します。
  5. 左に切り替えてSETを押すと終了します。

全部トグル Image_251

注:すべてのオーバーレイタイプは、ビューファインダに表示されます。

タイムラプス

タイムラプス Image_046 (クリック ここ 関連するビデオを見るには)

タイムラプス機能を使用すると、選択可能な時間数(1、2、4、8、15、30、60、1、2、4、8、24、XNUMX、XNUMX、XNUMX、XNUMX、XNUMX、XNUMX、XNUMX、XNUMX、XNUMX)。または連続)。

  1. 設定ダイヤルをフォトモードに回してカメラの電源を入れます。
  2. SETを押してメニューにアクセスし、Time Lapseに切り替えます。
  3. レートを設定するには、右にオンにしてからもう一度右にトグルします。
  4. SETを押してレートを選択します。
  5. 期間を選択し、右に時間数を選択します。
  6. 左に2回切り替えてSETを押して終了します。

Image_201 Image_201

  • タイムラプス設定は画面上部に表示されます。
  • シーンに最も適した場所にカメラを置き、シャッターボタンを押します。
  • カメラは設定に基づいて写真の撮影を開始します。

Image_202 Image_203

注:タイムラプスが完了すると、カメラはタイムラプスビデオを作成します。

バーストモード

連写モードでは、毎秒10フレーム(fps)、5 fps、または2.5 fpsのレートで独自の連続写真を撮ることができます。アクションをキャプチャするときに役立ちます。

  1. 設定ダイヤルをフォトモードに回してカメラの電源を入れます。
  2. SETを押してメニューにアクセスします。
  3. バーストに切り替えて、次にオプションに切り替えます。
  4. シーンに最も適したオプションを選択して[SET]を押します。
  5. SETを押してメニューを終了すると、バースト設定アイコンが表示されます。
Image_184 Image_185

写真を撮るには、シャッターボタンを押して、クリック音が止まるまで押し続けます。

注:(推奨)CHIMESをオンにすると、撮影したすべての写真のシャッタークリックが聞こえます。

写真とビデオの削除

写真とビデオの削除

再生モードで写真やビデオを削除します。

  1. 設定ダイヤルを回して再生モードにします。
  2. 削除したい写真またはビデオに切り替えて、SETを押します。
  3. 緑色のチェックマークが右下隅に表示されます。

Image_160 Image_161

  • ゴミ箱の画像が表示されるまでSETを長押しします。
  • 写真やビデオを保存するには、左に切り替えると緑色のチェックマークが表示されます。
  • チェックマークを外すにはSETを押します。
  • 写真やビデオを削除するには、ゴミ箱が点滅し始めるまでSETを長押しします。
  • SETボタンを離します。 画像またはビデオが削除されました。

複数の写真やビデオを削除する

複数の写真やビデオを同時に削除できます。

  1. 設定ダイヤルを回して再生モードにします。
  2. 削除したい写真またはビデオに切り替えます。
  3. 画像を選択してSETを押す。
  4. 右下隅に緑色のチェックマークが表示されます。
  5. 削除したい画像ごとにこれを行います。
  6. ゴミが出るまでSETを長押しします。
  7. 削除を続けるには、ゴミ箱が点滅し始めるまでSETを長く押します。

写真またはビデオが削除されました。

注:写真またはビデオを削除しないことを決定した場合は、左をオンにしてチェックマークを削除するように設定します。

Macコンピュータに画像を読み込む

AuroraからMacに画像をインポートするには、次の手順に従います。

  1. Auroraの電源を入れてMacに接続します
  2. 画像キャプチャを開く(通常はユーティリティフォルダにあります)
  3. 左側のDevicesの下にあるAuroraフォルダをクリックしてください。

あなたの画像がメインウィンドウに表示されます。

マック画像のインポート

ループモード

ループモードでは、トリガーによってアクティブになったビデオをキャプチャできます。 引き金はシャッターボタンか、銃からの反動のようなカメラへの衝撃のどちらかです。

トリガータイプ

あなたは、シャッターボタンまたはセンサーによって起動されるようにトリガーを設定することができます。 (注:センサー機能はAurora Sportでは使用できません。)

トリガータイプを設定するには:

  1. 設定ダイヤルを回してループモードにします。
  2. SETを押してLoopメニューにアクセスします。
  3. トリガーモードを右に切り替えてシャッターまたは自動を選択します。
  4. SETを押して選択し、もう一度SETを押して終了します。

トリガーモード

Trigger Modeを3つの異なるタイミングオプションに設定できます。

- トリガーの前の30秒を記録
真ん中 - トリガー前の15秒とトリガー後の15秒を記録
後の - トリガー後30秒を記録

トリガモードを設定するには:

  1. 設定ダイヤルを回してループモードにします。
  2. SETを押してメニューにアクセスします。
  3. Trigger Modeを右に切り替えてSETを押してModeを選択し、もう一度SETを押して終了します。

Image_313 Image_314 Image_310

トリガーモードと設定はビューファインダーに表示されます。

注:ループモードは、ビデオモードと同じオプションの一部があります。 フレームレート 解決策| HDR

表示を反転する

画像を反転機能を使用すると、カメラが上下逆さまになっているとき(ヘルメットに取り付けられているときなど)にメニューを読み取ることができます。

  1. 設定ダイヤルを写真、ビデオ、またはループモードに回して、カメラの電源を入れます。
  2. SETボタンを長押ししてメニューにアクセスしてください。
  3. 「画像を反転」に切り替え、右に切り替えてオプションをオンにします。
  4. 終了するにはSETを押してもう一度SETを押します。

反転画像

注:EVFメニューは無効になります。

バッテリー

AuroraバッテリーはSX-50リチウムイオンバッテリーで、NP-50としても知られています。
ここをクリック バッテリーの充電についてのビデオを見るため。

  • バッテリーをスロットに差し込みます。
  • 付属のケーブルをmicro USBポートに差し込みます。 (USBポートにアクセスするには、設定ダイヤルの下にあるラバーフラップを引き抜きます。)
  • バッテリーを完全に充電するのに約2時間かかります。 カメラを向ける必要があります オフ バッテリーを充電します。
  • WiFiを使用すると、バッテリーがより早く放電されます。
  • 完全に充電されたバッテリーは一般的に約2時間の連続ビデオ録画に適しています。

バッテリーインサート

Amazonで購入したNP-50バッテリーを使用しました(米国のみそしてそれはうまくいくようです。 あなたはそれを見ることができます ここ.

(SiOnyxは、上記のAmazonでNP-50バッテリーを製造、販売、またはサポートしていません。責任を持ってご自身の責任で使用してください。)

電池残量

アイコン 電池残量
フルバッテリー1 フル:100%から80%
3-4バッテリー1 3 / 4:80%から50%*は、ファームウェアのアップグレードを実行するために最低限必要なレベルです。 電源バックアップにはUSB接続をお勧めします。
2_4バッテリー1 2 / 4:50%から20%
1_4バッテリー1 低(1 / 4):パワーダウンする20%
バッテリーの電源を切る1 パワーダウン

外付けバッテリーバンクを使う

3カムアンドパワーパック

君は できる Auroraへの電力供給を補助するために外部バッテリーバンクを使用してください。

  • Auroraの内蔵バッテリーを100%まで充電してください。
  • カメラの電源を切ってください。
  • バッテリーに付属のケーブルを使用して、Auroraを外部バッテリーバンクに接続します。
  • Auroraをオンにして、目的の使用モードを選択してください。 Auroraが使用されている間、外部バッテリーバンクはAuroraの内部バッテリーを「細かく」充電します。 それ ではない Auroraに直接電源を入れます。

私達はアマゾンから利用できる力銀行を使用した(米国だけ)。 クリック ここ それを表示する。

(SiOnyxは、この製品の製造、販売、販売促進、またはサポートを行いません。責任を持ってご自身の責任でご使用ください。)

ファインダーを取り出す


ビューファインダーは、最初にビューファインダーリリースボタンを引き下げ、次にビューファインダーをまっすぐ引き出すことで簡単に取り外せます。

GPリリースImage_015

注意:お使いのAuroraが濡れている場合は、水がカメラに入らないようにビューファインダーを取り外す前に湿気を振り払い、乾かしてください。

MicroSDカードを挿入する

ビューファインダーを取り外したら、カードをスロットに挿入し、ロックされるまで押します。
取り外すには、カードを押してラッチを外します。
カードが飛び出します。

SDカードキャビティ-2-250×250

注:Auroraでは、画像キャプチャ用にMicroSDカード、クラス10またはUHS-1、最大32GBが必要です。 (含まれていない)

詳細については、をクリックしてガイド付きパスをたどってください。 ここ.

ファームウェアのアップデート

ファームウェアアップデートは、利用可能な場合は、AppleおよびAndroidで利用可能なモバイルアプリに表示されます。 クリック ここ モバイルアプリガイド

ファームウェア-1 ファームウェア-2_1 ファームウェア-3_1_orig

「更新」=プロセスを開始します。 ファームウェアは転送中です。 「OK」をクリックしてカメラの電源を入れ直してください。
"続行" =後で更新します。

Picatinnyレールマウントの取り付け

Picatinnyレールマウントは、カメラ底面の1 / 4″ -20標準マウントに収まります。

1レールカメラマウントnew_orig

  • マウントのガイドポストをカメラ底面のガイド穴に合わせます。
  • マウントのネジをカメラのネジ穴に合わせて締めます。

11カムオンカム2300_orig

  • マウントのクイックリリースネジを緩めて、Picatinnyレールの間隔に近づけます。
  • カメラを置き、レール上の好きな場所に取り付けます。
  • クイックリリースラッチを閉じます。

1レール上カメラマウントnew_orig

ネックストラップを取り付ける

ループ

1 最後にループを作ります。

2 カメラの側面からループを押し込み、引き抜きます。

3 留め金からストラップを外します。

4 ストラップの端をループに通します。

5。 反対側で繰り返します。

6 ストラップの留め金をやり直します。

7 ストラップを引いてループを締めます。

レンズキャップ

Amazonのレビューのための1 Lenscap

我々はAuroraのためにレンズキャップを提供しません、しかし、我々はこのScope Lens CoverをAuroraと共に使った、そしてそれはかなりうまくいくように思われる。 使用したサイズは49mm - 54mmです。 クリック ここ Amazonで表示するには(米国のみ).

SiOnyxは、この製品の製造、販売、宣伝、またはサポートを行いません。 責任を持って自分の責任で使ってください。

ビデオモードでの定義

設定 定義
EIS 電気式手ブレ補正のオン/オフを切り替えます。
HDR HDRのオン/オフを設定します。
フレームレート フレームレートを選択してください。
録音フォーマット ビデオサイズを選択します(解像度)
スロモ スローモーションモードを設定します。 このモードは、ファイルを60 fpsで記録してから30fpsで再生します。 このモードでは音声は録音されません。
タイムラプス タイムラプスのオン/オフを切り替えます。
タイムラプス率 撮影間隔を設定します。
経過時間 撮影継続時間を設定します。
タイムラプス長 録画時間を設定します。

ビデオモードの記録フォーマット

設定
ビデオファイル形式 MOV、H.264 / AVC
音声記録フォーマット PCM(ビットレート:16bit、サンプリング周波数:48kHz)
フレームサイズとフレームレート

1280x720p(60fps/30fps/24fps/15fps/7.5fps/Slo-Mo)

640x360p(60fps/30fps/24fps/15fps/7.5fps/Slo-Mo)

ビデオ録画長 最大 29min / 1ファイルまたはファイルサイズ4GB / 1ファイル

フォーカスリング寸法

レンズとフォーカスリングの外形寸法は49.5mmです。

フォーカス

Auroraはどの波長範囲を見ることができますか?

Auroraはユーザーがスペクトル範囲内で400nmと1100nmの間を見ることを可能にします。 人間の目は400nmと700nmの間を見ることができます。

Spectrum_orig

視野と焦点距離

Fov

Auroraは42度の水平視野と35mm相当の焦点距離47mmを持っています。

画像サイズ

Auroraによってキャプチャされた画像のサイズは、225-400 KBです。 29のミニッツビデオは約3GBです。

画像サイズ表示

カメラの重量と寸法

オーロラの寸法は、118.55mm x 63.2mm x 52.5mmです。 重量は276.8gです。

オーロラの寸法 -  2

技術文書

AuroraおよびExplorers Editionの技術仕様書については、以下のリンクをクリックしてください。

オーロラ探検家版

オーロラ

耐水性

Ip67a

Auroraは防滴、耐水性、および防塵性があり、IEC規格67の下でIP60529の定格で管理された実験室条件下でテストされています。

しぶき、水、および埃に対する耐性は恒久的な条件ではなく、通常の磨耗の結果として耐性が低下することがあります。
オーロラは水です 耐性 3分で30フィートまで。

iPhone、Bluetooth、WiFi

AppleのBluetoothはあなたのiPhoneとAuroraの間の接続を中断させる可能性があります。 これを修正するには、「設定」でiPhoneのBluetoothをオフにします。

Command CenterでBluetoothをオフにしないでください。

Bluetoothオフ設定(2)

WiFiをオンにする

を回してAuroraのWi-Fiをオンにします。 設定ダイヤル WiFi /設定 設定メニューを表示する位置。

無線LAN設定ダイヤル(2) ディスプレイWIFI

周囲のトグルボタンを使う セット メニューをナビゲートする 無線LAN そしてそれから On、および セット 選ぶ。

ハイライト表示のトグルボタン(3) 無線LANメニュー

注:WIFI 現在オンになっていて、オフになるまで残ります。

無線LANを待っています

カメラとモバイルアプリの間に遅延はありますか?

このビデオには、被写体とモバイルアプリライブビューの間のわずかな待ち時間が表示されます。 これを減らすには、EIS(Electronic Image Stabilization)を必ずオフにしてください。

モバイルアプリガイド

ナビゲーションヘッダーの ここ モバイルアプリガイド

ソーシャルメディアへの画像の共有

モバイルアプリからの画像や動画を共有する

Video Cloud Studioで モバイル アプリを起動し、ワイヤレスネットワーク(カメラではなく)をタップしてから、をタップします。 持続する.

カメラとネットワークのリストが選択されています

で写真とビデオをタップします メディアセンター あなたが共有したいのですが シェア アイコン.

選択した共有

デバイスに共有オプションが表示されます。 選択して投稿するだけです。

選択したFacebook 投稿を作成する

画像をPCまたはMacに転送する

オーロラからあなたのPCに画像やビデオを転送する

付属のUSBケーブルでAuroraをコンピューターに接続します。

USBケーブル

ファイルマネージャを開いてAuroraをストレージデバイスとして表示し、写真やビデオを直接PCにドラッグします。

PCファイルマネージャ

カメラを遠隔操作する

アプリからカメラを制御する

をタップ ライブ アイコン。

LV

アプリは今です ライブビュー そしてで始まります 写真モード.

ライブビュー開始3

下のアイコンをタップしてモードを切り替えます。

番号付きボタン

写真モード (1) - 静止画をキャプチャします。
ビデオモード (2) - ライブビデオを録画します。
ループモード (3) - トリガーによってアクティブにされたビデオの30秒をキャプチャします。

注:トリガーは、シャッターボタンか、ライフルからの回収のようなカメラへの衝撃のいずれかです。

モバイルデバイスへの画像の転送

オーロラからあなたの携帯機器への画像とビデオの転送

滞在期間の長さによって発生する メディアセンター 画面に画像のサムネイルが表示されます。
Auroraからアプリにインポートしたい写真やビデオをタップします。

メディアセンターの写真を選択しました

選択した項目が全画面表示になります。

フルフレーム

選ぶ 複数 アイテム、長押しでアイテム メディアセンター.
アイテムのサムネイルが暗くなり、1つ(1)が表示されます。
別のサムネイルをタップすると、次の連続番号が表示され、選択した項目の総数が示されます。
もう一度タップすると選択が解除されます。

メディアセンターが複数選択されています

をタップ インポート 画像とビデオを選択した後のボタン。
滞在期間の長さによって発生する インポート 単一のアイテムまたは複数のアイテムを選択した場合、ボタンはフルスクリーンプレビューの下に表示されます。

複数選択してインポートボタン

選択したファイルのインポートが始まります。
ファイルがインポートされたら、それらをAuroraから削除できます。
選択する はい 削除する いいえ 保存する.

インポート

読み込んだファイルを見るには、をタップします デバイス内 画面上部に.
スマートデバイスに画像をエクスポートするには、任意のアイテムを長押しします。 1.) 表示されます。
追加の項目をタップして選択し、 輸出 ボタン。

タップしてエクスポート

エクスポートされたファイルは、モバイルデバイスのフォトギャラリーに表示されます。

枠付きのギャラリー画像

写真とビデオモードのアイコン

フォトモード

フォトモードのアイコンには番号が付けられ、下にラベルが付けられています。

写真モードのアイコン番号

(1)バーストレート (2)セルフタイマー (3)コンパス| (4)ズーム| (5)露出補正 (6)HDR | (7)シャッタースピード

スライダーをドラッグして調整します ズーム レベル。

スライダーズーム

赤を押す シャッター 写真を撮影するためのボタン。

シャッターボタン2

ビデオモード

Tビデオモードのインターフェースアイコンには番号が付けられ、下にラベルが付けられています。

ビデオコントロール

(1)残り時間 (2)EIS | (3)ビデオ解像度| (4)ビデオレート

赤を押す シャッター ビデオの録画を開始および停止するボタン。

ビデオボタン1

をタップ ビデオレート FPSにアクセスするためのボタン。 あなたのシーンに最も適した秒当たりのフレーム数を選択してください。

FPS

注:ビデオレートは、ビデオを撮影するために使用される2秒あたりのFPSまたはフレーム数を表します。
FPSが高いほど、ビデオは滑らかになります。 より低いFPSは、暗い場所での感度を向上させます。

ループモード

ループモードでは、トリガーまたはシャッターに基づいて短いクリップを記録することができます。アイコンには番号が付けられ、下にラベルが付けられています。 を開始する ループモード セッションをタップします トリガーモード トリガーの種類 あなたのシーンに最も合うように。 次にをタップします シャッターボタン または、インシデントがカメラを起動するのを待ちます。

loop1 loop2

⇒前 - 25秒前| 中 - 15秒前、および15秒後 後 - 30秒後

アクセサリー

現時点では、Aurora用のアクセサリーは販売しておりません。 以下は、Auroraで試してAmazonから購入したアクセサリの一部です。米国のみ).

レンズキャップ(49mm - 54mm):クリック ここ

ハード保護ケース:クリック ここ

外部バッテリーバンク:クリック ここ

NP-50バッテリー:クリック ここ

注:SiOnyxはこれらの製品を製造、販売、宣伝、またはサポートしていません。 責任を持って自分の責任で使ってください。

ヨーロッパで購入

ヨーロッパでAuroraを購入するには、以下に連絡してください。

フバーバンディ
ストアルーム
ミルショー、リーズLS11 8EH
英国
t:0113 345 6768
e:sales@fubarbundy.co.uk
https://fubarbundy.co.uk/

Aurora 'classic'とAurora Sport

Aurora Sportはレクリエーション用のボート/釣り用スタンドアロンカメラです。

  • 機能が削減されました
  • GPSやコンパスなし
  • 反動トリガーなし、ピッチとロールオーバーレイ、またはEVFタイムアウトで自動オフ
  • 1年保証

オーロラの「クラシック」モデルは、当社独自の暗視カメラです。

  • 223ラウンドの5.56 / 4000でテスト済み
  • 2年保証
  • 反動活性化捕獲(ループモード)
  • スポーツ愛好家を撮影するためのアクセサリーキット(Picatinnyマウント)
  • GPS、コンパス、ピッチ&ロールの統合

Explorers EditionのPicatinnyマウントでは、どのような口径のライフルを使用しても安全ですか?

Aurora用のPicatinnyマウントは 4ラウンドのM223(5.56 / 4000)でテスト済み。 より高い口径はオーロラのカメラを損傷するかもしれません。

保証および返品ポリシー

SIONYX AURORAによる返品/交換限定保証規定 (米国のみ)

この限定保証の対象となるもの

SiOnyx、LLC( "SiOnyx"または "we")は、原梱包に含まれるSiOnyxブランドの製品および付属品( "SiOnyx製品")を原エンドユーザーの購入者( "あなた")に保証しますエンドユーザーの購入者が最初に小売購入した日から1年間(1)の期間(「保証期間」)について、SiOnyxが公表したガイドラインに従って通常使用される場合。 7月以降に購入した場合のAurora Explorers Editionの保証期間は、8、2019、2(2)YEARSです。

この限定保証は、当社がAuroraカメラを販売している特定の国のリストに含まれているという条件で、SiOnyx製品が購入された国でのみ有効かつ法的強制力があります。

SiOnyx製品が保証期間内に故障した場合、商業的に妥当な期間内に無料で修理または交換します。

この限定保証の対象外

この限定保証は、SiOnyx以外のハードウェア製品またはソフトウェアに適用されません。たとえSiOnyxハードウェアと共にパッケージ化または販売されている場合でも同様です。 SiOnyx以外の製造業者、供給業者、または出版社が、お客様に独自の保証を提供することがあります。詳細については、それらにお問い合わせください。 SiOnyxブランドの有無にかかわらず、SiOnyxによって頒布されるソフトウェア(システムソフトウェアを含むがこれに限定されない)は、この限定保証の対象外です。

その使用に関するあなたの権利の詳細については、ソフトウェアに付属の使用許諾契約を参照してください。 SiOnyxは、SiOnyx製品の動作が中断されないこと、またはエラーがないことを保証するものではありません。 SiOnyxは、SiOnyx製品の使用に関する指示に従わなかったために生じた損害について責任を負いません。

この限定保証は適用されません。(a)材料または製造上の欠陥による故障が発生しない限り、時間の経過とともに消えるように設計されている電池または保護コーティングなどの消耗部品。 (b)擦り傷(レンズを含む)、へこみ、およびポートの破損したプラスチックを含むがこれらに限定されない化粧品の損傷。 (c)他の製品との併用によって生じた損害。 (d)事故、虐待、誤用、改ざん、液体(IP67認証を超える)、屑、衝撃、火災、適切な注意またはメンテナンスの欠如、地震、またはその他の外部の原因によって引き起こされる損傷 (e)SiOnyxの公表されているガイドラインの範囲外でSiOnyx製品を操作することによって引き起こされた損害。 (f)許可されていない部品の使用またはSiOnyxまたはSiOnyx正規サービス提供者(以下「SASP」)の代表者ではない者が行ったサービス(アップグレードおよび拡張を含む)によって引き起こされた損害。 (g)SiOnyxの書面による許可なしに機能または機能を変更するように変更されたSiOnyx製品。 (h)SiOnyx製品の通常の磨耗またはその他の通常の経年劣化による欠陥。 または(i)SiOnyx製品からシリアル番号が削除または改ざんされている場合。

この限定保証に基づくあなたの救済は何ですか?

すべての保証請求はRMA番号を必要とします。 保証請求について話し合い、RMA番号を取得するには、(833)SiOnyx 1(833-746-6991)でSiOnyx Auroraカスタマーケアまでお電話ください。 購入日、支払金額、購入場所を示す領収書/購入証明書を提出する必要があります。 保証期間内に請求が行われ、SiOnyx Auroraカスタマーケアによる電話による評価に基づいてSiOnyx製品が失敗したことが判明した場合は、次のいずれかを選択します。

  • カメラまたはアクセサリーを修理する、または
  • カメラまたは付属品を、新しい、または新しいまたは使用可能な使用済み部品から製造され、少なくとも元の製品と機能的に同等な製品と交換する、または
  • カメラまたは付属品を、元の製品と少なくとも同等またはアップグレードされた機能を持つ、新しくアップグレードされたモデルの製品と交換する。

適用法が許す限り、その後のカメラ、付属品の交換、再販、修理、交換によって保証期間が延長または更新されたりその他の影響を受けることはありません。 ただし、保証期間中に修理または交換された部品は、元の保証期間の残りの部分、または修理または交換の日から90日以内のうち長い方の期間保証されます。

消費者法の対象となる保証制限

法律で認められている範囲内で、この限定保証および規定されている救済策は、口頭、書面、法定、明示または黙示を問わず、すべての他の保証、救済、および条件の排他的なものです。この限定保証 この限定保証に規定されている場合を除き、法律で許容される最大限の範囲内で、直接的または間接的を問わず、本製品の使用に起因する、またはその結果生じた間接的または間接的な損害についてこの限定保証の違反

SiOnyxは、法律で許容される範囲内で、商品性および特定目的への適合性に対する保証、ならびに隠れたまたは潜在的な欠陥に対する保証を含め、すべての法定および黙示の保証を否認します。 そのような保証を放棄することができない限り、SiOnyxはそのような保証の期間および救済をこの明示的限定保証の期間、およびSiOnyxの選択により上記の修理または交換サービスの期間に限定します。 黙示の保証(または条件)が続く期間の制限、または付随的または必然的な損害の除外または制限を認めていない州(国または地域)もあるため、上記の制限がお客様に適用されない場合があります。

この保証はあなたに特定の法的権利を与えます、そしてあなたは州によって(あるいは国や地域によって)変わる他の権利を持つかもしれません。 法律で許可されている場合を除き、SiOnyxは、販売契約の不適合から生じる可能性があるものも含め、お客様が持つ可能性があるその他の権利を除外、制限、または一時停止することはありません。 あなたの権利を完全に理解するために、あなたはあなたの国、州、または州の法律を調べるべきです。

返品商品

返品が商品の受領から14日以内に行われている場合は、商品価格の返金、または交換のために商品を返品することができます。 払い戻しは、どんな返送費用と15%補充している料金も除外します。 SiOnyx Auroraのカスタマーケアによる故障とみなされる箱から出した故障を除いて、あなたは返送のためのすべての送料に対して責任があります。

すべての収益は、RMA番号を必要とします。 返品について話し合い、RMA番号を取得するには、(833)SiOnyx 1(833-746-6991)でSiOnyx Auroraカスタマーケアにお電話ください。

すべての注文は、購入日から30日以内に顧客が検査する必要があります。 これ以降、SiOnyxは配送中に破損した、紛失した、またはテクニカルサポートに関連しないその他の問題について一切の責任を負いません。

返品または交換された商品は、新品の未使用の状態でなければなりません。 商品は、取扱説明書や梱包用インサートなど、すべての部品と書類を含む、元の破損していない製造元製品梱包に入っている必要があります。 元の製造元の製品パッケージにステッカーや出荷ラベルを貼らないでください。

SiOnyxは 受け入れません 代金引換払いの出荷またはRMA番号のない製品。 RMA番号なしで当社の施設に出荷された製品は処分されます。 このプロセスに関する質問やその他の頼みはありません。 あなたの交換または復帰が処理されるために、(我々が復帰を受ける時から)10(10)営業日までを見込んでください。 あなたがRMA番号を要請するとき、リターンアドレスはSiOnyx Auroraカスタマーケアによってあなたに提供されます。

質問は? SiOnyxに連絡してください。

アメリカ合衆国のカスタマーケア:(833)SiOnyx 1(833-746-6991)

日本サポートセンター:0570-0066-12

重要な製品と安全に関する指示

重要な製品と安全に関する指示

この製品を使用することにより、この「製品と安全に関する注意事項」文書とプライバシーポリシーを読み、同意したことを認めます。 (www. sionyx.com/privacy-policy.html)。 カメラの機能と設定の詳細については、オンラインでユーザーマニュアルをダウンロードしてください。 www.sionyx.com。 購入した製品の重要な安全と健康に関する情報については、このガイドをお読みください。

警告:

この製品の適切なセットアップ、使用、お手入れを怠ると、重傷、死亡、物的損害、製品または関連する付属品の損傷のリスクが高まる可能性があります。 アクティブなライフスタイルの一環としてSiOnyx Auroraカメラを使用する場合は注意してください。 自分や他の人への怪我を避けるために、常に周囲に注意してください。

  1. これらの指示を読んでください。
  2. これらの指示を守ってください。
  3. すべての警告に注意してください。
  4. すべての指示に従ってください。
  5. 特にプラグ、便利なコンセント、および装置から出る場所で電源コードが踏まれたり挟まれたりしないようにしてください。
  6. SiOnyxが指定したアタッチメントとアクセサリーのみを使用してください。
  7. 雷雨のとき、または長期間使用しないときは、この装置のプラグを抜いてください。
  8. プラグの損傷、液体のこぼれ、物体の落下など、装置が何らかの方法で損傷した場合、または装置が正常に作動しない、または落下した場合は、すべてのサービスを資格のあるサービスに依頼してください。 。

警告:

次の予防措置を講じないと、感電、火災、またはSiOnyxカメラまたは電源付属品の損傷による重傷または死亡につながる可能性があります。

  • カメラや電源の入ったアクセサリーを落としたり、分解したり、開けたり、押しつぶしたり、曲げたり、変形させたり、穴を開けたり、細断したり、電子レンジで焼いたり、焼いたりしないでください。
  • USBなど、カメラの開口部に異物を挿入しないでください。
  • カメラが破損している場合は使用しないでください。たとえば、バッテリーを分解または穴を開けることにより(統合または取り外し可能)ひびが入ったり、穴を開けたり、傷つけたりすると、爆発や火災の原因になります。
  • 電子レンジや髪の毛などの外部熱源でカメラを乾燥させないでください。
  • 製品の上または近くに、ロウソクなどの裸火を置かないでください。
  • カメラを充電するときは、濡れた状態でプラグや充電器を扱わないでください。この注意事項を守らないと、感電する恐れがあります。
  • SiOnyx承認の壁用充電器以外の壁用充電器を使用すると、Auroraカメラのバッテリーが損傷し、火災が発生したり、現地の規制要件(UL、CSA、VDE、CCCなど)に適合した機関承認の電源でのみこの製品を使用したりする可能性があります。
  • Auroraカメラのレンズカバーはガラスです。 カバーが破損した場合は、ガラスの破損による損傷を防ぐために注意が必要です。 小児の手の届かない場所に保管。 SiOnyxカスタマーサポートにお問い合わせください。
  • カメラが熱くなりすぎて冷却する必要がある場合、カメラのステータス画面に温度アイコンとメッセージが表示されます。 再び使用する前に、ただ座って冷ましてください。 バッテリーを含む製品を過度の熱にさらさないでください(例:直射日光、火などでの保管)。

注意:

電子機器からの無線周波放射は、他の電子機器の動作に悪影響を及ぼし、誤動作を引き起こす可能性があります。 製品のワイヤレス送信機と電気回路は、他の電子機器に干渉を引き起こす可能性があります。 他のデバイスの近くでSiOnyx製品を使用する場合は、そのデバイスのユーザーガイドで安全上の注意事項を確認してください。 カメラの使用が禁止されている場合、または干渉を引き起こす可能性がある場合は、カメラの電源を切ってください。

通知:

カメラまたはバッテリーを非常に低温または高温にさらさないでください。 低温または高温の状態では、バッテリーの寿命が短くなったり、カメラが一時的に正常に動作しなくなることがあります。 カメラのマイクは、さまざまな環境で最適なオーディオキャプチャを提供するように設計されています。 Wi-Fiがオンの場合、マイクは低レベルのノイズを検出してキャプチャする場合があります。 このノイズを防ぐには、記録時にWi-Fiをオフにします。 SiOnyx Auroraおよび関連するマウントおよびアクセサリーを使用する際には、特定の地域での録音を制限する可能性があるすべてのプライバシー法を含む、現地のすべての法律を順守してください。

バッテリーの安全に関する警告:

次の注意事項は、リチウムイオンを含む充電式バッテリーを使用するすべての製品に適用されます。 バッテリーの不適切な使用は、バッテリー液の漏れ、火災、過熱、または爆発の結果として、重傷、死亡、物的損害、または製品または関連アクセサリーの損傷につながる可能性があります。 放出されたバッテリー液は腐食性であり、有毒な場合があります。 皮膚や目のやけどを引き起こす可能性があり、飲み込むと有害です。 バッテリーが漏れた場合は、漏れた液体が肌や衣服に触れないように注意しながら、この製品に提供されている取り付け手順を逆にしてすべてのバッテリーを取り外してください。 バッテリーからの液体が皮膚や衣服に触れた場合は、すぐに皮膚を水で洗い流してください。 新しい電池を挿入する前に、乾いた布で電池室を完全に清掃してください。 けがのリスクとバッテリーの適切な性能を低下させるには:

  1. 電池を手の届かないところに保管してください
  2. バッテリーパックを分解したり、開いたり、細断したりしないでください。
  3. バッテリーをボックスまたはドロワーに保管しないでください。バッテリーが互いにショートしたり、他の金属物によってショートしたりする可能性があります。
  4. バッテリーを機械的に使用しないでください
  5. バッテリーと機器のプラス(+)とマイナス(-)マークを観察し、正しいことを確認します
  6. で使用するように設計されていないバッテリーパックまたはセルを使用しないでください
  7. 異なる製造、容量、サイズ、または種類のセルを混合しないでください
  8. バッテリーを清潔に保ち、
  9. バッテリー端子が汚れた場合は、乾いたきれいな布で拭いてください
  10. バッテリーを充電する前に、常に正しい充電器を使用する必要があります。適切な充電手順については、製造元の説明書または機器のマニュアルを参照してください
  11. バッテリーを長時間充電したままにしないでください
  12. バッテリーは、通常の室温で動作するときに最高のパフォーマンスを発揮します68°F(20°C)±9°F(5°C)
  13. 可能であれば、バッテリーを機器から取り外します
  14. 本物のSiOnyxバッテリーのみを使用してください(SiOnyxの指示がない限り)。

これにより、SiOnyx、LLC。 無線機器のタイプSiOnyx AuroraがDirective 2014 / 53 / EUに準拠していることを宣言します。 EU適合宣言の全文は、インターネットアドレスsionyx.com/supportで入手できます。 SiOnyx LLC。、100 Cummings Center、Suite 135P、ビバリーMA、01915 USA。

SiOnyx Auroraカメラは、2.412 GHz〜2.462 GHzで送信します。 この周波数帯域で送信される最大電力はEIRP 80.5 mWです。 国固有の規則および規制により、リストされている周波数帯域および電力レベルの一部またはすべての使用を防止または制限できます。

IC規制:

このデバイスは、Industry Canadaライセンス免除RSS標準に準拠しています。 操作は、次の2つの条件に従います。(1)このデバイスは干渉を引き起こさない可能性があります。 (2)このデバイスは、デバイスの望ましくない動作を引き起こす可能性のある干渉を含む、あらゆる干渉を受け入れなければなりません。 このクラスBデジタル機器は、カナダのICES-003に準拠しています。 カナダ:5.150-5.250 GHz、屋内使用のみ。

重要な注意:

IC放射線被ばくに関する声明このEUTは、IC RSS-102の一般的な人口/管理されていない被ばく限界に関するSARに準拠しており、IEEE 1528で指定された測定方法と手順に従ってテストされています。

FCCステートメント:

このデバイスは、FCC規則のパート15に準拠しています。 操作には次の2つの条件が適用されます。(1)このデバイスは有害な干渉を引き起こさない可能性があります。 および(2)このデバイスは、望ましくない操作を引き起こす可能性のある干渉を含む、受信した干渉を受け入れる必要があります。

警告: コンプライアンスの責任者によって明示的に承認されていないこのユニットの変更または修正は、機器を操作するユーザーの権限を無効にする可能性があります。

注:この機器はテスト済みであり、FCC規則の一部15に基づくクラスBデジタルデバイスの制限に準拠していることが確認されています。 これらの制限は、住宅地での設置において有害な干渉に対する合理的な保護を提供するように設計されています。

この装置は、無線周波数エネルギーを生成、使用、および放射する可能性があり、指示に従って設置および使用しないと、無線通信に有害な干渉を引き起こす可能性があります。 ただし、特定の設置で干渉が発生しないという保証はありません。 この機器がラジオやテレビの受信に有害な干渉を引き起こす場合(機器の電源をオン/オフすることで確認できます)、ユーザーは次の1つ以上の手段で干渉を修正することをお勧めします。

  • 受信の向きを変えるか、再配置する
  • 機器と
  • 受信機とは別の回路のコンセントに機器を接続します
  • ディーラーまたは経験のあるラジオ/テレビ技術者に相談する

クラスB FCC制限への準拠を保証するために、付属のシールドUSBケーブルをこのユニットで使用する必要があります。

FCC RF放射線被曝に関する声明:

1。 この送信機は、他のアンテナまたは送信機と同じ場所に設置したり、一緒に使用したりしないでください。

2。 入手可能な科学的証拠は、健康上の問題が低電力ワイヤレスの使用に関連していることを示していませんが、これらの低電力ワイヤレスデバイスが絶対に安全であるという証拠はありません。 低電力ワイヤレスデバイスは、使用中にマイクロ波範囲の低レベルの無線周波数エネルギー(RF)を放出します。 高レベルのRFは(組織を加熱することにより)健康に影響する可能性がありますが、加熱効果をもたらさない低レベルのRFの曝露は健康への悪影響を引き起こしません。 低レベルのRF暴露に関する多くの研究では、生物学的影響は発見されていません。 いくつかの研究は、いくつかの生物学的影響が発生する可能性があることを示唆していますが、そのような発見は追加の研究によって確認されていません。

CDV-100Cはテストされており、制御されていない環境に対して設定されたFCC放射線曝露制限に準拠し、FCC無線周波数(RF)曝露ガイドラインに適合していることが確認されています。

RF暴露情報(SAR)

このデバイスは、米国連邦通信委員会(FCC)、カナダ産業省(IC)、欧州連合およびその他の国によって設定されたRFエネルギーへの暴露の制限に準拠するように設計および製造されています。 ワイヤレスデバイスの露出基準は、比吸収率(SAR)と呼ばれる測定単位を採用しています。 FCC / ICによって設定されるSAR制限は、1.6グラムの組織で平均した1W / kgです。 欧州連合理事会が推奨するSAR制限は、2.0グラムの組織全体で平均10W / kgです。

FCCとICは、FCCとICのRF曝露ガイドラインに準拠していると評価されたすべての報告されたSARレベルで、このデバイスの機器認証を許可しました。 このデバイスのSAR情報はFCCおよびICに登録されており、www.fccのDisplay Grantセクションにあります。 FCC ID:2AOI7-CDV18AおよびIndustry Canada Radio Equipment Listデータベースの下で検索した後、gov / oet / ea / fccid http://www.ic.gc.ca/app/sitt/reltel/srch/nwRdSrch.do? 認定番号23556-CDV18Aを検索した後、lang = eng。 このデバイスは、ANSI / IEEE C95.1-1999の一般的な人口/管理されていない曝露制限のSARに準拠しており、OET Bulletin 65 Supplement Cで指定された測定方法と手順に従ってテストされています。

サポートに連絡するにはどうすればよいですか?

電話をください。

北米サポートセンター: (425) 247-1895
[月曜日から土曜日、10AM – 7pm東部標準時]

日本サポートセンター: 0570-0066-12
[月曜日から金曜日、10AM – 12PM | 1:30PM – 4:30PM]

トップに戻る